社債のやさしい基礎知識


信託銀行の基礎知識

信託銀行が扱うもの

信託銀行が扱うもの

信託銀行は、その業務の範囲が幅広く、また扱う商品等も非常に高額であることが多いため、その責任も非常に大きいものであります。多大な財産を持ち合わせていなければなかなか利用する機会もないと思われる信託銀行ですが、そんな信託銀行が取り扱う商品やサービス等にはどのようなものがあるのかについて見ていきたいと思います。


まず、信託銀行が個人に対して提供する商品やサービス等として挙げられるのが、金銭信託、貸付信託、投資信託、相続関連業務、そして不動産に関わる信託や業務です。金銭信託や貸付信託は、主に貯蓄をしたいときに利用することができるもので、信託銀行に託した元本をもとにして、そこから得られた収益や配当を定められた契約内容に従って受け取ることができます。


投資信託とは、個人投資家等から資金を預かり、その資金をもとにして信託銀行が投資家等の代わりにしかるべき方法で運用し、そこから得られた利益を定められた契約内容に従って個人投資家等に分配するという仕組みになっています。相続関連業務に関しては、委託者が死亡した後の相続を適切に行うための遺言書作成に対するアドバイスや保管管理、また遺産整理業務まで相続に関わる幅広い業務を行っています。不動産に関わる業務も同様に、不動産の売買や仲介に代表される不動産に関する多様な相談を受け付けています。


企業に対して提供する商品やサービスとして挙げられるものは、企業年金の運営等を行う年金信託や、老後の資金づくりともなる財産形成信託、有価証券の信託、不動産の信託や不動産業務等といったものがあります。つまり、企業を運営していく上で必要となるさまざまな専門知識を全面的にサポートすることができるのが信託銀行であると言うことができるでしょう。


信託銀行では企業の運営や個人の資産管理に関してのプロであることから、多様なアドバイスを受けることができます。資産運用や管理に関して疑問や相談がある場合には、ぜひ窓口に相談をしてみると良いでしょう。



Copyright 2013 社債のやさしい基礎知識 All Rights Reserved.