社債のやさしい基礎知識


社債のやさしい基礎知識

株式との違い

株式との違い

企業がお金を集めることを目的としたのが社債ですが、企業にとってお金を集める方法にはもうひとつ、株式を発行するというものがあります。どちらも同じような性質を持つものとも見られそうですが、その詳細は大きく異なっているようですので詳しく見ていきたいと思います。


まず、社債は途中で手放したり企業が破綻する等の緊急事態に陥ったりしない限り、購入した額面が変化することはありません。定められた期間が過ぎれば元本が手元に戻ってきますし、社債を保有している間には利息を受け取ることができます。


一方で株式は値動きが非常に激しいものです。株式を保有した時点から値動きの変動は常にあるもので、その変動は企業の業績や動きに大きく左右されることになります。株式が購入した時よりも大きく値上がりすれば売却した際に得られる利益も大きくなりますが、反対に大きく値下がりしてしまった場合には、もとの水準に戻るのを待つか、ある程度のところで諦めて損益を出してしまうことになります。


また、株式を保有している間には配当を受け取ることができますが、これもその企業の業績の良し悪しによるものが大きく、常に一定の利息が得られる社債とは大きく異なる点です。株式を保有していればその企業に対して経営等に関わる意思を示すことができますが、社債を保有していてもそういった機会は与えられないという点も、社債と株式の性格として大きく異なります。


企業にとって社債は、投資家への返済義務があるものです。破綻等をしても原則的には返済しなければなりません。しかし、株式については企業は返済義務を持ちませんので、株式を購入した人は自己責任でその企業の状況を見極めたり購入、売却をしたりする必要があります。


社債と株式ではどちらが得をするかということはそれぞれにメリット、デメリットがありますので一概には言えませんが、株式との違いは大きくあるようです。(株式 - Yahoo!ファイナンス http://stocks.finance.yahoo.co.jp/



Copyright 2013 社債のやさしい基礎知識 All Rights Reserved.