社債のやさしい基礎知識


信託銀行の基礎知識

日本における信託銀行の歴史

日本における信託銀行の歴史

日本において現在のような信託銀行が見られるようになったのは、第二次世界大戦中以降のことです。ただし、銀行機能を持ち合わせない信託業務を行うことは、欧米からもたらされた信託制度を取り入れたことにより、明治期以降にそれを専門として商売を始める者が出てきたことで少しずつ広まっていたようです。そして明治期以前にもいわゆる信託業務のようなことを業とする仕組みは存在していました。現在のような信託銀行の形態が出来上がるもととなったのはやはり第二次世界大戦中以降ということになりますが、それ以前にも「信託」という仕組みは日本において存在していたと言うことができます。


明治期後半以降について見ていくと、信託業務を行っていたとして名前が残っているのが日本興業銀行等で、信託業務の一環として社債を扱っていたようです。その後次第に個人資産についての運用、管理等をする会社も徐々に増加していきました。


その一方で、信託業務に関わる法律の整備も少しずつ進んでいきました。1922年には信託業法が成立しました。このことにより、信託会社を設立するためには免許を得ることが必要となりました。1943年には兼営法が成立し、信託会社と銀行の合併が進められ、このことが現在の信託銀行のもととなっています。しかし信託業務に関する法整備や信託会社の合併等が進む中で、昭和初期に50社近くあった信託を専業とする会社は終戦時には7社にまで減少しました。


1948年には証券取引法が制定されましたが、このことは銀行と証券会社の業務を分離させることとなり、戦後の経済的混乱も重なって信託会社にとっては経営環境の悪化を招くことになりました。しかし、苦しい中でも救済措置も取られ、大蔵省の主導により信託会社が銀行業を並行して行うことを進めていきました。(証券取引法 (昭和23年[1948年] 法律第25号) http://roppou.aichi-u.ac.jp/joubun/s23-25.htm


その後は1954年に大蔵省が銀行から信託業務を分離する方策をとったため、信託業務を行う銀行はたった一つとなってしまいましたが、1985年頃からは外資系銀行が信託子会社を設立するようになり、日本国内の金融機関においても1993年の金融制度改革によって証券会社や銀行等が信託子会社を設立するようになりました。


日本における信託銀行はさまざまな局面を経て現在に至っていますが、いつの時代にも重要な役割を担っています。



Copyright 2013 社債のやさしい基礎知識 All Rights Reserved.