社債のやさしい基礎知識


信託銀行の基礎知識

信託の仕組み

信託の仕組み

信託の仕組みを理解する上で大切なことのひとつとして、専門用語を知るということが挙げられます。はじめに、信託の仕組みを見ていく中で基本となる用語について見ていきたいと思います。


信託銀行はある人の財産を預かり、その財産を運用することで利益を作り、そして得られた利益を特定の受取人にお渡しするというのがその業務として考えられますが、実際に財産を預ける人のことを「委託者」と呼びます。その委託者から財産を預かって運用する人のことを「受託者」と言い、受託者が運用して得られた利益を受け取ることになる人のことを「受益者」と呼びます。信託銀行は、委託者から財産を預かり得た利益を受益者に渡す業務を担う「受託者」ということになります。


委託者は、一般的に財産を多く抱えていることが多いものです。自分自身で資産管理をすることはなかなか難しいものですから、受託者である信託銀行に預けることになるのですが、その際に信託契約というものを結びます。信託契約を結ぶ際に委託者に万が一のことがあった場合のために遺言を作成することもあるようです。その際に委託者は信託目的の設定をし、財産の移転が行われることになります。


委託者から財産の移転が行われ受託者のもとに財産が移ると、受託者にはその財産の信託目的に基づいた管理、処理が任されるとともに、善管注意義務、忠実義務、分別管理義務と言われるさまざまな義務が発生します。また、受託者がその財産を運用して得た利益を受け取る受益者は、受託者を監視、監督する権利を有することになります。


財産を預ける委託者と利益を得ることになる受益者の関係は、親子など親族であることももちろんありますが、どちらも同じ人物であることも多いようです。自ら管理することの難しい土地や建物にはじまる財産を、受託者である信託銀行に管理、運用してもらうことを目的とした利用の仕方が多いと言えるでしょう。


信託に関わる法律や決まりごとにはなかなか理解が難しい物事もありますが、仕組みとしては非常にシンプルなものであるようです。



Copyright 2013 社債のやさしい基礎知識 All Rights Reserved.